食の欧米化とその影響について

食 欧米化 影響

食 欧米化 影響について

食の欧米化とその影響について

画像
近年、日本では食の欧米化が進んでいます。
すなわち、魚、大豆製品や野菜、海藻の摂取量が減り、肉、乳製品や油脂類の摂取量が増えています。
このため、日本人の死因にも変化が起こり、脳卒中が減り、がんが増えています。
ちなみに、脳卒中の中では脳出血が減り、脳梗塞が増えています。
和食は塩分多めですので、高血圧になりやすく、そのために血管が破れる疾患が多かったのですが、今は脂肪が多いため、血液がドロドロになり詰まってしまうことが原因で起こる疾患が多くなっています。
欧米化の影響は、日本人の体型にも影響し、特に中年の男性の間で、肥満やメタボリックシンドロームになる人が増えています。
女性も中年になると肥満の方が増えています。
これらは、がんや心筋梗塞、脳梗塞などのリスクを高めます。
しかし、欧米型は悪いことだけではありません。
油脂はビタミンAの吸収率を高めますし、乳製品にはカルシウムが豊富です。
どちらの食事も利点、欠点があります。
偏らず、バランスよく摂取することが大切です。

料理の新たな可能性を生み出すESPUMA ADVANCE

食 欧米化 影響関連情報ページ

画像

食の欧米化の影響が齎したメリットについて

食の欧米化の影響が語られる場合にはネガティブな側面からによる言説が多いのですが、寧ろメリットとして捉
画像

食生活の欧米化により増加する大腸がん。

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)を招く食の欧米化が、大腸がんを発症する原因であることが研究
画像

食の欧米化による健康への影響

農林水産省の白書では、フランスとアメリカと日本と中国の1980年と2003年の栄養素別の摂取カロリー
画像

食レポでは味を具体的に伝えよう

食レポはテレビなどで見ている時は冷静に見てしまいますが、実際に自分でやってみると難しいものだと思いま

更新ページ一覧